教育目標

知・徳・体  調和のとれた人間の育成

  1. 広く知識を求め、不断の勉学に努める生徒を育てる
  2. 自己を大切にすると共に、他者を思いやることのできる心豊かな生徒を育てる
  3. 積極的に心身の鍛錬に努める生徒を育てる

重点目標

1 つながる力(人間力)の育成
 他者とのつながりの中で、多様性を認め、自他ともに大切にすることのできる心豊かな生徒の育成
 
(1) 人権感覚をみがき、自他ともに尊重する意識と態度を育成する
(2) 基本的な生活習慣を確立するとともに自律的な生活態度を育成する
(3) 様々な価値観を受容的に受け止める力と相手を意識した対話力を育成する

2 つなげる力(学力)の育成
 学んだことをつないで主体的に学習を推進し、自分自身のキャリア実現につなげることのできる   生徒の育成

(1) 学んだことを確かな学力にし、主体的に学びに向かう姿勢を育成する
(2) 対話的で深い思考につながる授業を推進する
(3) 学んだことを整理・統合する力を養うとともに、それを表現する力を育成する

3 つむぐ力(社会力)の育成 
 社会や世界とのつながりを自覚し、自分自身の未来を地域の未来につむいでいこうとする気概をもった生徒の育成

(1) 社会や世界のできごとへの関心を高め、学んだことや自分自身との関係を意識し、考える態度を 養う
(2) 地域課題の解決に主体的に取り組もうとする意欲を高めるとともに、主権者意識を醸成する
(3) 学んだこと、出会ったことを通じて、自分自身の生き方・あり方を支える指針を立てる力を育成する